年末ですね

え?もう12月?
ハロウィンは…?

いつの間にか長いようで短い夏休みが終わり、季節は過ぎて1ヶ月足らずで年が変わるということにびっくり。
夏休みは結局skyrimを起動することなく終わり、その後も本当に数えるぐらい…というか計1時間未満ぐらいしか起動させていないという現況。
TESの世界観自体に決して飽きたわけじゃないのだけど、自分のskyrim人生…というか、ゲーム人生自体がそろそろ終わりに近付いているのかな、と感じています。

詳しいことはまた後ほど書くとして、夏前に撮ったSSをせっかくなので掲載しておく。
今回、肌色成分多めなので注意。

また、最後のほうに、いただいたコメントへの返信のようなものも載せています。

 


ナギナギさんの整形完了後。
彼女は「どう見ても女の子にしか見えない美少年…のようにも見える少女」とかいうややこしい外見設定があったけど、その辺を意識するとどうしても気に入らない顔になってしまった。
なので、結局自分の好みに寄せた顔にした。


一番の変更点は、顔じゃなくて胸かな…w
自キャラ初の(そしておそらく最後の)巨乳。

とは言え、上記SSはさすがに巨大すぎるw
装備MODの関係でこうなっちゃってるけど、実際はもう少し小さめ。


普段はサラシか何かで小さく見せてる設定。


髪伸ばしてみた。
あれ、何かおちょぼ口…?


何だろう。
何か、撮ってる本人が妙に緊張してしまう…
メイ(ちっぱい)だと平気なのに。


あれ?
微妙に大きいような…


実際はこれぐらい。


ショートもいいなぁ。


絵を描くための見本として撮ったメルセル。
skyrimのポーズMODって3Dモデル代わりにも使えそうな気がするけど、そういう使い方してる人もいるのかな?
自分は聞いたことないけど。
髪とは服もかなり自由に着せ替えできて便利なんじゃなかろうか。

前回、連載中の物語を予告なしに休止するかも…みたいに書いたのですが、休止というより更新停止とします。
とは言え、現在連載中の章は残り2話なので、その2話だけは今年中に掲載したいと考えています。
しかも、スクショなしの文章のみでの掲載となりますけど、それでもいいよ!という方はまたご拝読いただければ幸いです。

自分は今現在、学生という立場ですが、去年の夏休み前から色々あって生活環境が変わりました。
世の中には残業当たり前の社会人しながらゲームや同人活動をしている人も多くいるとは思うのだけど、自分の場合はスタミナやら何やらの最大値が低くて、上手く両立できないのですね。
また、自分もそれなりに大人になったのか(?)以前ほどゲームをしたいと思わなくなったと言うか。
遠からぬ未来、社会に出て働くという現実を実感したこともあり、最近はゲームに時間を費やすことをもったいなく感じるようになってきたのです。

生活環境が変わった頃から、自分と「とある盗賊の物語」との関係性にも変化が出てきたように思います。
それまではだらだらした日々のスパイスみたいな位置付けだったのだけど、私生活が充実してきてからは、一種の「逃げ」みたいな感じになってたかも。
将来について真剣に考えることから逃げるために、「自分は生産的なことをしているんだ」というのを自分への言い訳に、PCと睨めっこしながらMOD環境整えたりスクショ撮ったりしてたような、そんな気がする。
気分転換の趣味、と割り切るには時間がかかりすぎますし…ね。

将来について真剣に考える時が訪れた今、そろそろ卒業する頃合いかな、と思った次第です。
このサイトはどうしようかと悩んだのですが、どちらにせよサーバー代は払わなきゃいけないし、このサイトの個別維持費もそう高くないので、暫くは残しておくことにしました。
skyrim自体は消去したわけじゃないし、やりたいことや気になるクエストMODもまだあるので、今後もたまに更新するかもしれません。

「とある盗賊の物語」自体は…
構成も出来上がっているし、心残りがないと言えば嘘になります。
隙間時間でぽちぽち書いて、どこかで公開できたらイイナァとは思っていたりもします。
これまでのようにスクショを撮って加工して流し込んで…っていうのはもう難しいにしても。

それと、何度かいただいたコメント・メッセージについてなのですが。
何か知らないけど「皆そう思ってる」らしいので、皆というのがどの範囲なのかわからないけれど、特定の方への返信というより記事の一部という形で掲載しておきます。

まず、以前絵を描いていただいた方のフォローが外れている件について。
「絵をクレクレしといて描いてもらったら即フォロー解除したあなたのこと、皆が軽蔑してますよ」なんてコメントやメールを何度かいただきましたけど、皆っていうのが具体的に誰と誰なのか知らないけど、それは全くの事実無根です。
特に交流のない人を整理(フォロー解除)することはあっても、絵を依頼した相手に対して、自分からフォローを解除するなど絶対にあり得ません。
自分は何か問題があれば、相手に話し合いを持ちかけます。

それと、ツイッター関連について。
「あなたがまず退会しなさいよぉ」「そもそもあれほど嫌ってたツイッターになんで戻ったワケ?」とのお言葉、ごもっともです。ハイ。
去年の夏の終わりにツイッター再開に至ったきっかけは、その少し前にいただいた、ウチの掲載物への感想を添えた「リンク張ってもいいですか?」という旨のメールでした。
リンクフリーと記載しているサイトへの事前連絡…これはつまり相互リンク希望!ということ?
これまでリンク要請とか受けたことがなかったのもあって、意気揚々と「どうぞどうぞー、こちらからも張らせていただきますっ」と返信しました。
…が、待てど暮らせど返事がなくて「PCに触れないぐらい忙しいのかな?」と思っていた時、その方のツイッターアカウントを発見しまして…
そこでは毎日呟いていらっしゃるご様子でした。

…まぁ、ツイッターは確かに気軽かつテンポもいいし、そっち優先になるのは無理からぬことですかね。
でも、相手からの返信と対応を待っている間って結構不安になるのです。
え?自分何か変なこと言った?やっぱリンクやめとこ、思わせることしたっけ…?みたいに。
忙しいなら仕方ないのだけど、ツイッターを見ると色んなことがわかってしまうのが難点と言えば難点。

前にも似たようなこと(サイトを介しての連絡・対応は後回しでツイッター優先、そして自分はツイッターアカウントなし)があったので、そういう時に連絡取るならアカウント持っておいてほうがいいのかな…?と思いました。
今から思えば、相手からの返答がなかったとしても「今回は縁がなかったのだな」ぐらいに思っておけばよかった気もする。

尚、最終的には返信・対応していただけました。
何にせよ、こちらがツイッターを退会してどうなる?っていうか、何も解決にもならないという現状。