日付けのない日記帳


所謂キャラアンチにも色々いると思う。
本気で毛嫌いしているアンチもいれば、そこまでアンチじゃないけど「こいつなら叩いてもいい」雰囲気だから取り敢えず便乗しとこぐらいの軽いアンチもいる。
前者のようなタイプは匿名掲示板のアンチスレに入り浸っているからあまりお目にかかれず、逆に、後者のような軽いアンチはツイッターでも結構よく見かけるんじゃないかな?
こういうのとか。
でもなー、そういう軽いアンチって割と考えなしで物言ってる気がする。
そのキャラ推しの人と繋がったりしたら、その手の発言慎むようになる人が多い。
何なんかね、あれ


サイト持ちの同ジャンル者が、自分のサイトURL付きのメッセージをくれたら、それ即ち管理人(創作者)同士の交流希望ってこと?と思ってしまう。
そうじゃないの?え、違うの?
いや、多分違わない。おそらくは。
でも、自分の認識と彼ら彼女らとの認識では大きくズレがある気がしてならない。
仮に自分がサイトURL引っさげて誰かのサイトに「たのもう」したなら、それはよほど特別な場合。
多人数と交流する気はなくて、むしろ自分が特別視する人とだけ繋がりたくて、だから特別な人にしかサイトURLを引っさげて声をかけたりしない。
自分はskyrimに来てから、何度かサイト持ち同ジャンル者にサイトを通して声かけてもらったこともあったけど、ぞのいずれもツイッターやってたりして交流範囲の広いこと広いこと。
え、自分のことはつまりその他大勢の1人?むしろ他にもっと優先順位の高い人がいるの?と、落ち込んでしまう……。


グループ交流というか、輪に入りたいとか大勢でワイワイしたいわけじゃないんだよなー。
ごく限られた創作仲間と繋がって、たまに深い話をしたいっていうのが一番理想。
っていうか嘗ては同人サイト運営ってそんな感じだったんだけどな。
地震と津波の影響とか、進学とかで暫くそういうのから離れている内にツイッターが浸透しすぎた感がある。


うーん、自分からわざわざ探しに行くほどじゃないけど、目と鼻の先にぶ~んと飛んできたらぺろりと食べちゃう感じかな。
某SNSにて、某吸血鬼ハンターと某魔術師系傭兵が話題沸騰中なのは、間違いなくそれの漫画を描いてる人達の功績だろうけど。
でも、わぁぁぁぁって大騒ぎしてる人の大半はそのキャラ自体にはあまり興味ないと思う。
フォロワーが描いてるから、フォロワーが好むから、TLでよく見るから乗っかってるって印象。
仮に、その描き手さん達がSNSを一切やらずに個人サイトのみでの公開にしていたら、一生目に留まらなかったかもしれない。
探しに行くほどじゃないけど、流れてきたら節操なしにヒョイパク。
うーん、悪いことではないのだろうけど何かもやもやする。
一瞬で消費されてるみたいな。
それと、「メルセルの二次創作って(うち以外)他にない」って言った人が一緒になって騒いでるのももやもやする要因かな。
メルセルの二次創作は探せば結構あるってのに。